運営チームの1日の仕事

平成26年4月改訂版


1.試合前の準備

◯試合会場の管理者に事前(月曜日~金曜日)に連絡し、コーナーフラッグ・ラインカー・ゴールネットなどの保管場所を確認しておく

 

◯ライン用の石灰を、次の点に注意して購入しておく

  • 各種ホームセンター等で『スポーツ用石灰』を購入する
  • 領収書をもらっておく(宛名=宮崎地区社会人サッカーリーグ連盟)
  • 1面辺り2~3袋必要(雨天の場合は4袋)

◯グラウンド設営用のロープ・メジャーなどを準備しておく

 

◯試合当日、10:00キックオフに間に合うようにグラウンド設営を行う

 

◯グラウンド中央付近の見やすい場所に運営本部を設営する

 

◯審判報告書を必要部数会場へ持って行き、退場者が出た場合は審判に記入提出を依頼する

 

2.試合開始前

◯各試合30分前までにメンバー表を提出させる

 ①必要事項は全て記載されているか

  ・開催日      ・部/節            ・対戦相手

  ・試合会場     ・出場予定者の背番号    ・先発選手の◯印

 

 ②記載事項は正確か

  • 先発選手の『◯印』の数(11個以内)
  • 同一の背番号は無いか
  • 交代選手の欄は無記入

◯審判団から『審判証』を預かり、次の事項を確認しレポートに記入する

  • 審判証に写真が貼ってあるか
  • 有効年度は適正か
  • 取得年度、氏名をレポートに記入

 

◯審判証を忘れた時など、未携帯の時は審判(主審・副審)を行わせない

 

◯各試合5分前までに選手チェックを完了させる

 ①メンバー表は本部が持つ、選手証は各選手が持つ。

  • 選手に自分の名前を名乗らせ、選手証を顔の横に掲げさせる
  • 選手証に顔写真は貼付されているか
  • 写真と同一人物か
  • メンバー表と氏名が同一か

 

 ②選手証の提出が無い者が記入されていないか

    (選手証が無い者の試合出場は不可)

    (『忘れた』などの言い訳は認めない)

 

3.試合中(第4審判の役割)

◯選手交代の申し出があったとき

 ①選手証

  • 選手に自分の名前を名乗らせ、選手証を顔の横に掲げさせる
  • 選手証に顔写真は貼付されているか
  • 写真と同一人物か
  • メンバー表と氏名が同一か

 

 ②選手の服装

  • ピアス、イヤリング、ネックレス、ブレスレットなどの装飾品を身に着けていないか(→はずさせること)
  • 指輪、ミサンガなどは無理にははずさなくて良いが、テーピングで覆わせること
  • スパイク、すねあてのチェック
  • ユニフォームと同色でない、アンダーウェアを身に着けていないか(同色系は認めない)

 

◯アウトオブプレー時に主審を呼び、「◯◯番アウト!◯◯番イン!」と伝える

 

◯試合中は、得点者・警告者・退場者の背番号をメモしておき、ハーフタイムおよび試合終了時に主審と照合確認を行う

 

4.試合終了後

◯全試合終了後、最終試合の2チームにゴールポスト・ネットの片づけを依頼する

 

◯グラウンド内全てを見回り、ゴミなどが残っていないか確認する

 

◯グラウンドによっては、管理事務所に終了したことを告げる

 (生目の杜は必ず行うこと)

 

◯メンバー表・手書きレポートを持ち帰り、自宅で試合レポートを作成

  ※レポートは各部の代表理事(パート理事)へメール送信

  ※メンバー表などの原本は各部代表理事(パート理事)へ渡す 

 

◯1日を通して、退場者が出たり問題が発生した場合は各部代表理事に必ず連絡すること